ホーム>菓子長について

菓子長について

ごあいさつ

kashi-tit.jpg

 

九曜紋

”忍者”(ニンジャ:Ninja)と云えば世界に通用する日本の代表的な文化ですが、その中でも最も有名な「甲賀流忍術」のお膝元にあたる甲賀市に当社はございます。
家紋には甲賀忍者として名高い「甲賀望月氏」と同じ「九曜紋」を戴き、明治6年の創業以来140余年もの長きに渡り(当代で5代目)甲賀ゆかりの菓子をご提供させていただいております。

祭り

当社で作る菓子は主に当家源流の文化である「忍者」、「忍術」をテーマにしたものであり、その伝統をモチーフとしております。
これは当家における伝統継承のみならず、甲賀周辺の「地域ブランド化」やその浸透を見据えた活動を基礎としたもので、「忍術」「甲賀忍法くノ一」「甲賀流」「甲賀忍者」などの商標登録、マスメディアへの紹介と共に地域振興に微力ながらお手伝いさせていただいております。

また、地域・甲賀流ゆかりの菓子製造販売の他にも、「町おこし」活動の一環として「甲賀ブランド ONLY ONE 開発委員会」への参加、生産者(農家)と加工業者とのシナジー補助を積極的に行う事で「観光資源の創出」や「地場産品の発掘」を行っております。

あらためまして、甲賀、信楽ならびに「菓子長」をご声援、ご愛顧お願い申し上げます。

菓子長の歴史

明治6年 甲賀市甲南町寺庄に和菓子店『吉川広明堂』として創業。
(※初代「長次郎」の名にちなんで地元の人が「菓子の長さん」と呼ばれ、いつしか屋号も「菓子長」になった。)
昭和44年 先代(4代目)・和夫さんが、東京製菓学校で2ヵ月間研究生として勉強。洋菓子も積極的に取り入れ、和洋折衷の菓子店に移行。
平成6年 甲賀市甲南町野田に新店をオープン、本店に。
平成10年 西友水口店(甲賀市水口町水口)に出店。
平成20年 フレンドマート甲南店(甲賀市甲南町竜法師)に出店。
平成20年 洋菓子に力を入れ、「忍者ロール」「近江米ロール」等の商品を開発
平成22年 吉川晃広が五代目として店を継ぐ
平成22年 「忍術」「甲賀忍法くノ一」「甲賀流」「甲賀忍者」を商標登録

 

菓子作りへのこだわり

甲賀の里は古より鈴鹿山系を源流に持つ豊富な伏流水が湧き出す地で、菓子作りに大変適したところでした。
私たちはその恵まれた地理条件と厳選された素材の組み合わせにより、質にもこだわった菓子作りを特徴としております。また、近年では地域振興の視点からも、特に地場の名産品を積極的に取り込んでおります。全国に名の知れつつある「近江米」や、まわりを自然に恵まれた「成田ふれあい牧場」の牛乳、「甲南高校」の卵など、”老若男女”、どなたでもお楽しみいただけるお菓子作りにこれからもこだわり続けます。